ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院

ブログ

動物看護師の取り組み                                          2012.11.28

先日、動物看護師向雑誌で、看護料に関する
特集が組まれました
看護料導入動物病院として、数件紹介された内の
ひとつに当センターも取り上げられました

どんな記事だったか少し紹介したいと思います

 ~ ~       ~ ~ 

当センターは入院時、入院料とは別で看護料を頂いています。
看護料を頂くにあたって動物看護師が取り組んでいることを
動物看護師長が話させていただきました。

ベースは
『どんな看護をしているかを形にして飼い主様に伝える

そのひとつに退院時、お手紙をお渡ししています
お手紙は、入院中の動物たちの記録です
毎日の体重・食事・排泄・どんな風に過ごしていたかを
記録しています。
そして、入院中に感じたことや退院後のアドバイスを
書いています。
飼い主様からは、とても喜んで頂いています

さらに、11時~20時の面会時間内に面会に
来ることができない場合、ご希望の飼い主様へ
入院中は毎日お電話で様子をお伝えしています

面会に来られた飼い主様とは積極的にお話しをし
重篤な動物たちの場合は、面会に来られる飼い主様の
お時間を把握し、担当の動物看護師から状態を
お伝えしています。

飼い主様と積極的にコミュニケーションをとることで
信頼関係の深まりを感じているそうです

また、先生から指示を受けるだけでなく、動物看護師から
看護の方法を相談・報告したり、飼い主様の様子も
伝えています。
先生と情報を共有し、一緒に動物たちを治していく
気持ちで看護をおこなっています。

 全面ガラス張りの入院室の様子
 処置室からも入院室の様子が確認できます

看護料を頂いていることで、動物看護師も仕事に対する
モチベーションが上がり、チーム動物医療に果たす
責任感が増しています。
獣医師が手術をした後、大切になってくる看護。
現在、良質な看護により、救える命も増えてきています。

 ~ ~       ~ ~ 

こんな内容が雑誌の記事となっていました。

センター内にいると動物看護師たちが記録をとっている姿や
飼い主様との電話のやり取りをよく目にします。

また、入院室に動物看護師がいないという時間は
ほぼありません。
日々のシフトで、どの時間帯も入院動物たちを担当する
動物看護師が組まれているからです

動物看護師たちが、24時間体制で入院動物たちの
状態を見守っています