ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院

ブログ

2012年 VRセンターの手術                                         2013.3.18

昨年、VRセンターでどれくらいの手術を行っていたのか
データを整理したので、紹介したいと思います

昨年は8, 446件の診療を行いました。
当センターの特色は高度な外科手術にあります
手術はほぼ毎日、数件行っています。

昨年は1,469件の手術を行っていました。
その内メイン4部門のそれぞれの件数は・・・
軟部外科部門は ・・・・ 309件
整形外科部門は ・・・・ 259件
神経外科部門は ・・・・ 246件
眼科部門は ・・・・・・・・ 182件

更に多く行っていた手術を詳しく見てみると

 軟部外科部門 
①体表部腫瘤摘出手術 ・・・・ 34件
②胆嚢摘出手術 ・・・・・・・・・・ 35件
③腹腔内腫瘤摘出手術 ・・・・ 31件

   取り除いた悪い部分は検査センターへ。
   遠くは北海道の検査センターまで送っています
    検査にもよりますが、数日で診断結果がでます
   
   ぼんやり撮影にしました

 整形外科部門 
①前十字靱帯断裂の整復手術 ・・・・ 62件
  超大型犬のグレートピレニーズ約60㌔の
  ワンちゃんもいました。

②膝蓋骨内方脱臼の整復手術 ・・・・ 50件  
  当センターでは、トイプードルとチワワで
  5割強を占めていました。

③橈骨尺骨骨折の整復手術 ・・・・ 49件
  腕の骨折の手術で、小型犬に多いと言われています。
  ワンちゃんの飛び降りにはご注意ください

 神経外科部門 
①胸腰部の椎間板ヘルニアの手術 ・・・・ 128件
  やっぱりヘルニアはミニチュアダックスが断トツ。
  128件中97件がミニチュアダックスでした。

②頚部の椎間板ヘルニアの手術 ・・・・ 51件  
③環軸椎亜脱臼の固定手術 ・・・・ 18件

神経外科部門を主として、昨年1,050件のMRI撮影を行いました。
画像で病変を確認して手術を行っています。

 眼科部門 
①白内障の手術 ・・・・・・・・・・・ 45件
②緑内障のレーザー治療 ・・・・   23件
③義眼挿入手術 ・・・・・・・・・・・ 16件

眼科は長時間の手術を土曜日に行っています。
その為、土曜日は診察のご予約がお受けしずらく
なっています。

        手術の後、たくさんの器具の
        洗浄や滅菌に励む動物看護師

         片付けは着々と行われています  
     手術後も大忙しです