ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院

ブログ

CT室を紹介します                                            2014.1.23

今回は、CT室を紹介します
CT検査は、月平均約80行っています。

当社のCTの歴史は以外と古く、VRセンターが
開院するより前の、2001年から別の場所で
CTセンターをオープンしてCT撮影を行ってきました。

VRセンター開院により、CTセンターはVRセンターの中に
引越ししてきました

   そんなVRセンターのCT室はこちら

現在のCTは2007年から稼働している64列のマルチCT。
超高速で撮影画像を作成することができ、0.5mm間隔で
体内を見ることができます
また、様々な角度から3Dでとてもきれいな画像を
作成することもできます

検査は全身麻酔をかけておこないます。
通常、ご来院時間の12時間前からの絶食と
6時間前からの絶水をお願いしています

今日は、腹腔内の精査を行うCT検査を行っていました。
麻酔をかけて10分弱でCTの撮影は終わりました。

動物たちの身体に負担が少なくなるよう、麻酔をかけている
時間を極力短くする為、先生と動物看護師はあうんの呼吸で
検査を行っていました

お隣の操作室へ移動してみると・・・・・

操作室にはたくさんの機械があります。
ガラス窓の向こうにCT装置があります。
先生は操作室から動物たちの様子を確認しながら
撮影を行います

一部紹介すると・・・・・

こちらの機械で、撮影部位の設定などを行います。
検査中はこの機械を使って先生は撮影を行っています

そしてこちらが、撮影したデータの画像処理をする機械です
CT撮影は、撮影時間は短時間ですが、その後画像処理に
しばらく時間がかかります

分かりやすく処理した画像ができあがると、先生からお話があります。
画像データは、主治医の先生にお渡しする用にCD-Rにやいて
お渡ししています

CT検査では体内の腫瘍や血管、骨の状態を
確認することができます。
病状をしっかり確認することで、的確な手術を行ったり
今後の治療プランを考えることができます

問診からお帰りまで、2時間~2時間半を予定しています
麻酔の覚め具合によって少しお時間は前後します。
CT検査ご希望の場合は、主治医の先生にご相談ください