ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院

ブログ

カールちゃん椎間板ヘルニアの手術頑張ったね                           2014.12.22

こちらは、椎間板ヘルニアの手術を行った
ミニチュアダックスフンドのカールちゃんです。

後肢のふらつき、段差が上がれないとのことで
来院されました

MRI検査で椎間板の髄核が飛び出して、腰の脊髄を
圧迫していることが分かりました。
“椎間板ヘルニア”です

  手術時間は約60分 左側が執刀医の王寺先生

     
  
  脊髄が見えるまで背骨をドリルで削っていきます。
  この骨を削るテクニックが王寺先生は見事
  絶賛するのが、一緒に手術に入っていた森下先生

 手前のガーゼにのっているのが、取り出した椎間板物質

    
          少し拡大してみました

   
    
  
  椎間板物質摘出後は、他の椎間板にPLDDという
  レーザー治療を行い手術は無事終了です。

          手術の傷跡

経過はとても良好
ご飯もすごい勢いであっという間に完食
痛みもなくなり、ほぼ正常に歩ける様になりました     

  
5日間の入院を頑張りぬき、しっぽをブンブン振りながら
大喜びで退院していきました