ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院

ブログ

鼻の手術をした ささめちゃんです                                  2015.1.19

先日の雨の日、診察室を覗くと入院中の
シェルティー、ささめちゃんがいました

雨でお外に行けないので、入院室を出て
診察室で気分転換をしていました

    ガラスの小窓から覗いていると・・・・
    とってもウエルカムモード
    普段は内弁慶なようですが・・・

  

      カメラに慣れているのかな
      じっとカメラを見てくれました
  
手術後なので、お顔には少し痛々しさがありますが・・・・

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

ささめちゃんは、2011年に鼻の腫れで来院しました
CT検査で鼻の骨に腫瘤があることが分かり
腫瘤を鼻の骨と一緒に切除しました
この時、骨がなくなったところの陥没を防ぐために
やわらかいメッシュを鼻の中に入れました。

軟骨肉腫でしたが、手術後はくしゃみの継続だけで
その他は良好状態を保っていました。
昨年末、鼻がわずかに膨らんできて再来院
再発が分かり、今回は2回目の手術となりました。

今回は、再発した腫瘤を切除後、骨の切除部分を
チタンプレートに入れかえました。
前回より強度がアップし、感染もしにくい素材です

立派な長い鼻もこのプレートでしっかり守ることができます

担当医は腫瘍科の田戸先生
腫瘍科で来院する患者さんは痛々しい姿で
来院する動物たちもいます

田戸先生は、病気になる前とできるだけ変わらない生活が送れるよう
手術プランをたてています容姿にも気を遣って・・・

    ささめちゃんも、抜糸をして、毛が伸びたら
    手術前と変わらないカワイイお顔だよ