ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院

ブログ

学生さんVRセンター見学                                         2015.6.24

VRセンターがあるNKスクエアは、様々な
動物関連の団体が隣接しています

そのひとつに、動物看護師の専門学校
『大阪ペピイ動物看護専門学校』があります
現在、VRセンターの動物看護師は7名が卒業生です。

先日、専門学校の学生さん達が授業の一環で
VRセンターの見学に来院しました。
20分の予定で複数のグループに分かれて院内を見学します。

病院入口に集合した動物看護師のたまごたち    
若さ溢れるこちらのグループに付いて行ってみました

案内役は、富永動物看護師長
待合を通り、レントゲン室、CT室、手術室、面談室、検査室
処置室、MRI室、薬棚、カルテ庫を通ってぐるり1周です。
    
こちらは手術室
これから行なわれる椎間板ヘルニアの手術の準備をしていました。  
    
こちらは検査室
実は、右側に様々な血液検査を行なう機器が並んでいます・・・
学校には置いていない機器もあるので、何の検査を
行なう機器かひとつひとつ説明中です。

こちらは処置室
先程見学した手術室でこれから手術を受けるワンちゃんの
麻酔導入を行なっているところです。
麻酔をかける手順を富永動物看護師長が説明中です。
学生さんが1番興味津々となっていました。

最後は裏口を出て、質問タイム

   
 実際に現場で働いている動物看護師の生の声が聞ける
 貴重な時間ですこんな質問が挙がっていました
    
  初めて手術に入った時どうでしたか?気持ち悪くなりませんでしたか?
    
  動物看護師として1番苦労したことは何ですか?
    
  一次診療と違って二次診療として心掛けていることは何ですか?

  富永動物看護師長からは・・・
    初めての手術は気持ち悪くなったけど慣れましたよ。
    また、動物看護師の経験が浅かった頃は、オーナー様から
    信頼してもらう為に苦労した経験談も話していました。
    二次診療は、健康な動物たちが来院しないので
    よりオーナー様の心労をくみ取り、短い時間で本音を話してもらえる
    関係が築けるよう、瞬間瞬間を大切に診療にあたっていることや
    先生には言いづらいことも動物看護師なら話してもらえる様
    工夫して取り組んでいることを伝えていました。
    

  意外とあっという間の20分
  予定時間を10分オーバーして終了

  みんなメモを片手に緊張感をもった見学でした。
  数年後VRセンターで働きたい
  若しくは、動物看護師として働く夢を実現する活力源と
  なってくれていたらいいな。。。と学生さんの
  キラキラした目を見て感じました