ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院

ブログ

戸次先生がアメリカの学会に参加してきました                            2015.11.18

前回の引き続きで、今回は戸次先生から
アメリカ学会"ACVS SURGERY SUMMIT"報告ブログです。

 ~ ● ~ ● ~ ● ~ ● ~ ● ~ ● ~ ● 


整形外科の戸次です

アメリカ合衆国 テネシー州ナッシュビルで10/21-25まで
開催されていたACVS SURGERY SUMMITという学会に
参加してきました

ACVSとは、『American College of Veterinary Surgeons』の略で
アメリカの獣医外科専門医の組織です。

2015年は、50周年という節目の年でもありました。


場所は、Gayload Opryland Resort & Convention Centerという
大きなリゾートホテルの一画で行われ、ゴージャスな雰囲気でした

私の目的は、整形外科実習の参加と様々な講義を聴くことでした。
整形外科実習は、前十字靭帯断裂の手術手技であるCBLOという
手術を学んできました

実習は、渡米翌日の朝8時から夕方5時までみっちりと行われました

内容は、前十字靭帯断裂に関する解剖や病理、CBLOの概念、
手術計画の立て方、そして最後は二人一組となり、死体を用い
実際に手術を行ってきました。

現在我々は、TPLOという手技をメインに用いて前十字靭帯断裂を
治療しており、治療成績も良いと感じております。

この実習を受講した理由は、様々な新しい手技を知ることで、
合併症を減らし、より良い治療成績につなげたいと考えたからです

そして2日目の講義は、若齢の大型犬では、一般的な前肢跛行疾患
として知られるMedial Coronoid Process Disease
肘関節異形成やFCPなどを総称した名称で発生要因も様々であり
ゴールドスタンダードな治療方針がなく、それぞれの先生方が
少しづつ異なった治療アルゴリズムを提示しておりました

October 22
   Medial Coronoid Process Disease
    Pathophys & Treatment Opyions
    Reference Intervals for Kinetic Variables in Walking Dogs
   My Treatment Algorithm & Why(Farrell)
        Inertial Sensors for Canine Gait Analysis
        My Treatment Algorithm & Why(Vezzoni)
        My Treatment Algorithm & Why(Bottcher)
       My Treatment Algorithm & Why(Kim)
        Postoperative Rehabilitation
     Hip Replacement in Immature Dogs



3日目は、VRセンターでも日常的に遭遇する前十字靭帯疾患に
関連した内容の講義が詰まっており、帰国後に早速実践した
テクニックもあり、非常に参考になりました

October 23
     Stifle Surgery
       Canine Stifle Arthroscopy:A New View
        Effects of TPLO on Patellofemoral Kinematics
        Treating Cruciate Disease:The Answers
         From a Surgeon Scientist in Private Practice

        Evaluation of a Novel Biocomposite TTA Cage Implant
        The Complete Thrapeutic Approach to
         Canine Cranial Cruciate Ligament Disease

       TPLO is the New Lateral Suture:Evidence That We Should Do Better