ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院

ブログ

蘭ちゃん眼科の診察に行く★                                         2013.5.16

今回は、眼科の小山先生の診察をレポートしました

眼科の診察室は他の診察室に比べると少し小ぶりです
そんな診察室に先生・動物看護師・飼い主さん・犬の蘭ちゃんと私
診察室は大人4人とワンコでめいっぱいになってしまいました

今日は、手術後の検診
12日前に角膜の中の異物を採る手術をしていました。

      こちらは手術翌日の蘭ちゃん

 1日入院してお家に帰る前です。
 右眼の周りは毛が丸く刈られています。。。。
 眼の手術をした動物たちによく見られる当センターの光景です。
 毛が生えてくるスピードは様々。柴犬は遅いらしいですよ    

 そして右眼には角膜を保護する為に、コンタクトレンズを
 装着しています。このコンタクトレンズがなかなかの高級品
 自然に取れてしまう事も大いにあるらしく・・・・
 蘭ちゃんはいつまで装着できるかなと思っていたら
 再診日の今日にはきれいになくなっていました。
 どこに落としてきたかは

さてさて本日の眼の検査は。。。

 まずは、涙の量の測定から。特殊な紙を眼の中に。
 1分間の我慢です。青く染まってきました~。
 涙はちゃんとでてました問題なし

    
 続いては、
 暗室にもなる眼科診察室の照明を少し落として
 眼の中の状態を特殊な機械で確認です
 キズはないかな?

   
    先生が診ている眼の状態はモニターで
    飼い主さんも見ることができます。
    こちらも問題なし
    

 蘭ちゃんの術後はとても順調でした
 最後に眼の洗浄。ナミナミと洗浄液をかけてしっかり洗浄し
 『 もう来なくていいよ 』 と言われて、みんなニコニコで
 診察は終了しました

             気付いた
      
     私、ネオベッツVRセンターの案内パンフレットの
     モデル犬を務めています
     まさか小山先生の手術を受けるなんて・・・
     想定外の蘭ちゃんでした