ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院

ブログ

日本獣医師会獣医学術学会年次大会                                2015.2.22

2/13(金)~2/15(日) 岡山県で日本獣医師会
獣医学術学会年次大会が開催されました。

今回は、昨年の獣医学術近畿地区大会で
地区学会長賞を受賞した王寺先生の基調講演
教育講演、症例発表と6名のスタッフが参加しました。

発表の様子を紹介します

 川田センター代表 
   発表内容
     『大学病院・二次診療との連携の現状と課題
      ・二次診療専門センター病院のあるべき姿』

 宇根センター副代表 
   発表内容
    『画像診断で攻める!
     ・脳神経疾患におけるMRI診断のアップデート』

     会場の宇根先生
     片手には、先生が愛する飲物コーラーが・・・
       

 王寺先生 
   発表内容
     『イヌの胸腰部脊髄くも膜憩室に対して
      硬膜形成術を実施した14例』

         
       VRセンターの先生たち 会場で発見
       

 澤木先生 
   発表内容
     『猫の門脈体循環シャント42症例における
      血液検査に関する検討』

 田村先生 
   発表内容
    『尾側頸部脊椎脊髄症(CCSM)に対して
     Screw&PMMAあるいはMatrixMANDIBLE
     System固定手術を実施した犬の10例』

 杉井動物看護師 
   発表内容
    『動物看護師を一生の仕事にするために
           ・手術準備 看護師として知っておかなければ
      ならない手術器具の扱いと管理法』

  学会が近づいてくると、スライド作成など発表の準備に
  励む姿があちこちで見られる当センターです